安全に配慮しつつ遊び心を

庭で子どもと思いっきり楽しめるというのはとても楽しいです。

休みの日や、平日でも、外に行くには時間がなかったりするときにも、手軽に子どもと庭で遊べるのであれば、家族みんなが楽しく過ごせます。

私は、子どもと遊べる庭として、とてもいいなと思ったアイデアが、「砂場を作る」というものです。

通常なら、花壇を作って花を植えるようなスペースで、一分を子どもと遊べるように砂場を作り、そこでスコップなどで好きに遊べると、子どものためにもなりますし、大人も子どもの頃を思い出して一緒に遊ぶことができます。

また、子どもとの食育や自然との触れ合いのために、花を植えたり、虫の観察ができるような庭というのは、子どもと遊ぶためにとてもいい庭になると感じます。

また、子どもというのは、狭いところや段差などで遊ぶのが大好きなので、子どもが入れるサイズの溝や、段差というのも作れると体を動かすこともできますし、とても喜ばれます。

ただ、子どもは思いっきり体を動かしてくれるのは良いですが、怪我をするのは怖いので、子どもの目線になって、尖っているものがないか、フェンスなどは問題なく取り付けられているかというチェックは絶対に必要になります。

子どもと遊べる庭として後おすすめなのは、テントを張ったり、レジャーシートをひいて遊べるスペースを作ることで、庭に居ながらアウトドア気分を楽しむことができます。

普段のご飯やお菓子を家の中ではなくて、庭で食べることで、なんだか特別な雰囲気がしますし、子どもは大喜びです。

子どもと遊べる庭作りとしては、子どもと一緒に何かを作ったり準備したりできるように、広めのスペースを作り、フリーに使える場所を確保することだと思います。

庭という外での自然に触れられる場所になるので、人工芝があれば、その上で寝転んだりもできますし、できるだけ解放感のある安全を考えた、緑のある庭というのが、子どもと一緒に楽しく遊べる庭だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

トップに戻る