ペットと遊べる庭として、ペットとその家族が快適に遊べるように工夫をしている家庭も多いですね。そんなとき、下が土の場合と芝生の場合はどんな風に工夫をしているのでしょうか。そこには、メリットを感じることが多い反面、注意をすることもあります。ここでは、千葉でテラス工事の際に増築したペットと遊べる庭の土と芝生の場合のメリットと注意をする内容についてお話します。

・土でのメリット
土の庭というのは、従来からある庭の一つですね。ペットにとったら,とてもいい条件の庭となります。それはなんと言っても、足に優しい庭だからです。自然の土の庭なので、足にソフトな刺激を受けることができます。人間と違い、ペットの場合は裸足であるのでそのことをダイレクトに感じることになります。むき出しの足にソフトである土は、ここちよく感じることでしょう。
しかしその一方で、飼い主としては少し困ることがあります。それは足が汚れてしまうことなのです。そのまま裸足で歩く、走り回ることになるので相当汚れます。雨の日の翌日などは、悲惨なことになるのです。そんなときは、庭に出ないようにしましょう。雨のとき、庭がグチョグチョになっている場合は遊ばせることは控えましょう。

・芝生でのメリット
芝生の庭は、本当にメリットがたくさんあります。まず遊ばせる飼い主が、楽しく過ごすことができます。緑は目にいいと言われているので、そのことでも嬉しいですね。しかも通常のそのままの土よりも、芝生があることによりクッションとなり足に優しく感じることができます。
しかしそのとき、芝生が熱いこともあり。注意が必要です。夏の暑い時には、そこでの遊びは注意が必要です。足をやけどしてしまうこともあります。また脱水の危険性もあるので、そのことも注意が必要です。夢中になり遊び続けることは避けたいですね。休憩を入れながら、あまり暑い時には休むなどして安全な遊び方を心がけましょう。耐熱性のある人工芝生などを取り入れましょう。

トップに戻る