庭と言うと、まず思うのはなんといっても芝生ではないでしょうか。芝生がある庭と言うと,とても幸せそうな感じがしますね。また緑があることにより,とてもいい感じに庭を仕上げることができます。そのことからも、芝生を庭に植える人が増えています。
ところが、そのときはいいもののその後に大変なことになってしまうこともあり、失敗したと反省をすることも少なくありません。ここでは、その芝生の失敗についてお話します。

・広いと管理が大変
芝生を広い庭に敷き詰めていると,とても綺麗ですね。しかしそのように美しいのは、きちんと管理をしているからです。度々芝生が伸びないように、美しい状態でいられるように管理をしているのです。共働きで頑張っている人たちだと、その管理について大変と思う事でしょう。休日に一日かかり、その手入れをすることになります。広ければ広い程、その手入れが大変です。時間もかかるし、体力も奪われてしまいます。疲れることが多く、失敗をしたと思うことも多いです。

・雑草が大変
芝生というのは、その芝生だけが伸びるのではありません。その芝生の間に、必ずと行っていいほど雑草がはえることになります。美しい芝生の色ではなく、雑草と一緒になっているのです。そのことからも、雑草を抜くと言う手間も馬鹿になりません。大変な時間を要することになるので、とても辛いです。特に夏などは、熱中症になりかけることもあるので大変な作業と思うようになります。

・砂利やシートで保護する
芝生の場合は、広い敷地内にいっぱいにすると大変なことになります。管理が出来るといいのですが、できない場合は雑草を見ることになりできない自分を思いストレスが溜まってしまいます。そこで、芝生ばかりではなく、一部のところを芝生にしてそのほかのところはレンガを敷き詰めるなどの工夫が大切です。また雑草が生えないように、シートをしく、砂利を敷くなどもおすすめします。手入れがしやすいようにしましょう。

トップに戻る