子供と遊べる庭の安全配慮

子供は外で遊ぶことが一番と思っていても、なかなかそのことを実現できないこともあります。そのことから、子供を家の中で遊ばせることも多くなっていますね。そんな時、家の中で遊ぶというよりも家の外のデッキなどで遊ばせることにより、子供らしくのびのびと遊ばせることができます。ここでは、家の外のデッキや庭でに遊ばせ方について、どんなことに注意をしたらいいのかお話します。

・デッキでの注意
ウッドデッキを作る家庭も多いのではないでしょうか。家の中よりも、ずっと開放感を感じることができるのでとても人気です。そのウッドデッキでは、どんなことが必要となるのででしょうか。その一つとしては、なんと言っても足元に注意をすることが必要です。ウッドデッキの場合は、木で出来ているので、その木で怪我をしないようにすることが大切となるのです。新しいうちは、全く心配することはありません。しかし古くなると、木がささくれたりすることがあります。その時、その場所を歩いていると怪我をすることもあるのです。雨にそのまま濡れている状態だと、そこで滑ってしまうこともあります。そのように足元に注意をした配慮を行うことが大切と言えるでしょう。

・芝生での注意点
芝生の場合は、そのまま裸足でその場所を駆け回ることもあると思います。ひんやりしているので,とても気持ちがいいです。人工芝だと、熱くなることもあるのでその点では注意が必要となります。夏の炎天下では、裸足での遊ぶはやめておいたほうがいいですね。熱中症の危険性もあるので、そのことも注意が必要です。
また芝生では、色々な石が落ちていることがあります。小さい石で丸みのあるモノの場合はいいのですが尖っている石もあります。芝生では見つけにくいので、そのまま裸足で歩き回るときに怪我をしてしまうこともあります。その点、人工芝の場合はそのような心配が少ないです。

子供一人で遊ばせる時には、万全の状態にしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

トップに戻る