学びもある庭作り

子供が遊べる庭作りを考えた時には、おしゃれさや快適さも大切ですが、それよりも学びを意識することが大切です。現代の子供にとって、自然と触れあえる機会というのは、そうそうあるものではありません。だからこそ、ご自宅の庭では自然と触れあいやすい庭作りを意識しましょう。家庭菜園を作るとしたら、子供でも簡単に世話がしやすいミニトマトやキュウリを植えて、世話をさせるという方法がありますし、紅葉のように季節によって色が変化する植物を植えて、その移り変わりを一緒に観察するのもいいでしょう。庭園は、見て美しいだけよりも、実際に触れて学べるようなものを選ぶようにするといいでしょう。

ですが、子供が遊ぶ庭作りをするうえで注意するのは、安全対策です。高い樹を植えてしまうと、子供が勝手に登ってしまい、事故に繋がる可能性があります。また、ピラカンサスのように、赤く愛らしい実をつける反面、トゲがあるような植物は子供が触ると危険なため注意しましょう。そして、芝生を植えて子供がのびのびと遊べる庭作りも大切ですが、そこにも危険は潜んでいるのです。たとえば、子供が遊びやすいようにとタイルやコンクリートを取り入れた場合、雨が降ると滑って危険ということもありますし、塀がないオープンした庭の場合は、急に道路に飛び出してしまうことも考えられます。庭作りをしたとき道路との境目にはフェンスや塀で防ぐことを忘れないようにしておきましょう。


庭作りというのは、大人用と子供用では意味合いが違ってきます。大人にとって、庭というのは家を美しく見せたり、ガーデニングを楽しむための憩いの場です。ですが、子供にとって庭というのは遊び場として認知されます。子供が遊べる庭作りを目指す時には、子供が実際に植物に触れて学べるようにすることも大切ですし、安全を守る必要もあります。庭作りをする時には、見た目もよくて子供が楽しく遊べることを意識して作りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

トップに戻る